注文住宅・新築‐クレバリーホーム いわき南

あなたの期待を超える家作り。「低価格・高品質住宅」 福島県いわき市のマイホーム作りのご提案

木のポテンシャルを生かす

木のポテンシャルを生かす

SPG構造×モノコック構造それが
プレミアムハイブリッド工法

【SPG構造】通し柱をグリッド毎に配し、優れた耐震性を実現

オリジナル金物

※通し柱の本数は、プランによって異なります。

合理化システム認定工法S&Cシステムをベースに、主要構造部分等において更に進化したS&Cシステム SPG構造を採用(ストロング・ポスト・グリット構造)することで驚異的な耐震性を実現。

一般的な在来工法の場合、通し柱は4本弱ですが、クレバリーホームでは主要なグリット柱を全て 通し柱にすることにより(通常の3~4倍の本数の通し柱)高強度・高精度な建物へと進化しました。

主要構造部の土台には乾式注入構造用LVLを採用しています。

これはJASにおける保存処理性能区分K3に該当し、優良木質建材認証のAQ認証を取得しています。

また、クレバリーホームで採用しているLVL材は、乾式注入時に撥水材を同時注入しており、 寸法安定性については桧・米栂材と比較しても優れており、米ヒバ土台に近い性能を実現

柱のめり込み強度については米ヒバ集成材を上回る強度を実現しています。

【モノコック構造】6面体で力を吸収する

  • モノコック構造
  • モノコック構造
  • モノコック構造は、床・壁・天井の6面すべてを構造用耐力面材で構成し一体化させた構造です。

    この剛性の高い6面体の構造が、地震や台風などの外力を建物全体でしっかりと受け止め、吸収することで、建物のねじれを防ぎます。激しい揺れにも建物全体が一体となって抵抗する優れた耐震性能の住いを実現します。



強度、耐久性を進化させた建築部材、
「エンジニアリングウッド」を採用しています。

  • エンジニアリングウッド
  • 木という素材は、住宅の主材料として数々の優れた性質を備えています。 しかし、環境保護の立場から、太くてまっすぐなムク材の確保が困難となった現在。 日本でも多くの木造建築物にエンジニアリングウッドを使用することが増えてきました。 エンジニアリングウッドは、ムク材の持つナチュラルなやさしさを残しながら、強度や耐久性をさらに進化させた建築部材です。

    木の良い部分だけを集めて、乾燥し、繊維方向を平行に強力接着させて製品化しています。 クレバリーホームでは、柱・梁に欧州の産地を限定・厳選した木材を使用した構造用集成材(エンジニアリングウッド)を採用しています。

    極寒の地で長期間育まれ成長した木材は節が小さく、年輪も細かで強度が安定しています。 エンジニアリングウッドは、ムク材に比べて約1.5倍の強度を備え、乾燥による形状変化が少なく、反りやねじれもなく、躯体の安定に大きく貢献する理想の建築部材です。さらには、柱1本毎に1,000万円の保険が標準で掛けられています。

    エンジニアリングウッドとは、まさにその名前の通り、一般製材が宿命的にもつさまざまな欠点を克服してつねに変わらない均一な性質を提供できる、住まいのための工業製品といえるのです。

オリジナル金物

接合部分の強度性能を高めるために、工場でプレスされた精度の高いオリジナル金物を採用。さらに、クレバリーホームではクギ1本にまでこだわり、決められたクギを使用することにより、接合強度は在来工法の3倍以上になりました。

クレバリーホームの実物大耐震実験
オリジナル金物
オリジナル金物
躯体工事
躯体工事
躯体工事
躯体工事
オリジナル金物
在来工法の1.5~3倍の接合強度
オリジナル金物
防錆性を高めたカチオン電着塗装
オリジナル金物
HSS金物はSマーク認定を取得
UP