注文住宅・新築‐クレバリーホーム いわき南

あなたの期待を超える家作り。「低価格・高品質住宅」 福島県いわき市のマイホーム作りのご提案

基礎からしっかり固める

基礎からしっかり固める

ベタ基礎と柱脚金物で住いを強固に支える

基礎周辺構造図 ※いわき南店では「ベタ基礎」を標準仕様として採用しています。

頑固な骨格を支えるために、基礎からしっかり固めました。

  • 柱脚金物
  • 住まいの要となる基礎には、建物の荷重を面で支えるベタ基礎を採用。

    軟弱地盤にも適した耐震性の高い基礎構造となっています。さらに基礎と躯体の接合部には柱脚金物を採用し、地震などの災害時にかかる引き抜きの外力に対しても、構造躯体を強固につなぎます。

    この外からは見えない部分の技術や工夫が、高い耐震性を実現する住まいの土台となっています。

    ※ 建物全体の重量を面で支えるベタ基礎を標準採用しています。

地震や台風などにも強い、剛性の高い床構造になっています。

根太レス工法

※ 一般的な木造住宅で120㎜とされる地盤面からの立ち上がり幅を150㎜とすることでより強固に仕上げました。

地震や台風に強い住まいづくりには床の剛性も重要なポイントです。

ククレバリーホームは、土台・大引きと床構造用合板を一体化させることで剛性を高める根太レス工法を採用しています。

地震や台風時に加わる大きな外力に対しても変形が起こりにくい構造を実現しています。

また、土台の断面欠損を最小限に抑えられるマークアンカーボルトを採用することで、基礎と土台を強固に接合します。

根太レス工法
ホールダウン金物に比べ
約2倍の引き抜き耐力
根太レス工法
一般的なホールダウン金物
外力のかかる方向によって強さが変わる
根太レス工法
クレバリーホームの柱脚金物
どの方向からの外力にも強い

キソパッキング工法

キソパッキング工法

床下全域の湿気を換気して良好な床下環境をつくるキソパッキンを採用。土台の腐食や白蟻の被害から住まいを守ります

根太レス工法
内部結露を防ぐ外壁通気工法
根太レス工法
一般的な床下換気
空気の流れにムラあり
根太レス工法
キソパッキングによる床下換気
ムラなく換気で湿度が安定

建物を力強く支える鋼製束を採用、防蟻性能、防腐性を高めています。

  • 鋼製束
  • 木造住宅で普通使われる木束は、時間の経過に伴って乾燥し、反り、縮みが発生して、束石から浮き上がり、床鳴りの原因になることがありました。

    クレバリーホームは建物を力強く支えるために防錆処理を施した鋼製束を採用。木製やプラスチック製に比べ強靭で、白蟻や腐朽菌に侵されることもなく、床鳴りも防止します。

    束を支える基礎部分は防湿コンクリート100mm。建物をしっかりと支えます。

  • 鋼製束
  • さらには、根太レス工法にすることにより、万一の火災時でも火の流れを効果的に遮断し、壁や天井の内装下地材に防火素材の石膏ボードを使用しており、石膏ボードに含まれる結晶水が水蒸気をなって放出され延焼防止に効果を発揮します。

    クレバリーホームのファイヤーストップ構造は、火の通り道となる床や壁を構成する構造材が空気の流れを遮断するので、初期消火の可能性が高く火災時の被害を最小限に抑えます。

UP